苔で緑化、青々としたスナゴケで景観美化ができます。

【スナゴケ】を独自に改良した防草シートの表面に付着させ【防草】と【緑化】を同時にできるシート
それが【防草緑化一体化シート】です。
特に道路脇や分離帯、道路緑地帯などで雑草対策、景観美化に高い効果を発揮します。
またコンクリート面にも施工できるため、都市のヒートアイランド対策にも高い効果を発揮します。
先ずは動画をご覧下さい。(最新製品はさらに防草効果を高めるため改良をおこない、飛散防止ネットを使用していません。)

平成27年度「Made in 新潟」技術登録/土木部門:27D1003 商品名:防草緑化一体化シート
平成28年度 実用新案登録 第3207751号 考案名称 苔を用いた防草緑化一体化シート
平成30年度 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS[ネティス])登録 
HR-180001-A 新技術名称 防草緑化一体化シート

【防草緑化一体化シート】を導入する3大メリット

【1】長期間の景観美化ができます。
表面の【スナゴケ】により紫外線劣化を防ぐので、従来の防草シートより1.5倍~2.5倍長持ちします。防草シートの美観の悪さを苔による緑化で改善し、景観を美しく保つことができます。

【2】維持費用を減らせます。
製品として長寿命に加えて、苔は自然の雨水でゆっくりと生育します。施肥、刈込が不要なので、除草作業や緑化維持費用を削減できます。

【3】公益性が高く、環境を守ります。

使用する【スナゴケ】は休耕地を活用して栽培するので、地域の土地活用、雇用創出につながります。
また使用する防草シートはリサイクルポリエステルを50パーセント使用しているので、資源の有効活用につながります。

選ばれる理由。施工場所・施工性・低コスト。

【1】様々な場所で施工ができる。
防草シート上でスナゴケが生育するため、土、砂上はもちろん、既設コンクリートの上にも施工することができます。また斜面も70度以下であれば問題なく固定が可能です。



 

【2】シート状で施工しやすい。
長さは1mから最大20mと長尺化されているので、シートを転がしながら一度に施工することができます。また現場の形に合わせて加工することができるので、既存の植物や樹木の足元に施工することもできます。

 

 

【3】既存の緑化工法に比べて約45.9%の設置費用となるので、経済的。
例えば、クマザサを使った緑化と比較すると約45.9%の直接工事費で設置できます。
平成30年度 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS[ネティス])登録
され、先進性と高い経済性の評価も受けています。 [詳しくはコチラ]

こんな場所で特に高い効果を発揮します。

☑ 交通量の激しい中央分離帯・緑地帯で除草作業員の安全確保ができず、除草困難な場所。
☑ 管理地が多く、除草作業の対応に追われて毎年費用や手間がかかる場所。
☑ 変則交差点等、雑草が伸びる事で視界不良による交通障害をもたらす様な場所。
☑ 歩道の緑地帯、横断歩道近くの緑地帯等、園児達の通学路となっており、雑草の伸びている場所。

草だらけ

スナゴケとは?

使用している苔はエゾスナゴケと言います。
驚くべきはその生命力で、20℃~70℃の気温化でも枯れません。乾燥時は葉を丸め休眠状態となっていますが、保水した状態になると葉を広げ、星状の形になるのが特徴的な苔です。乾燥に強く、砂地や日当りの良い場所を好んで生息している苔です。
※エゾスナゴケは【ギボウシゴケ科シモフリゴケ属】に分類され、学名はRacomitrium japonicum(ラコミトゥリウム ヤポニクム)

お気軽にお問い合わせください。0254-43-5849営業時間 8:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ